ルナモンスター占いロゴ

NEWS

2021.04.13
ルナモンスター占いリニューアルサイトをオープンしました
ABOUT LUNA MONSTER

ルナモンスター占いとは

己の魂を発露させ、すべての魂と手を取り合う。

ルナモンスター占いは宿曜経をベースとし、西洋占星術やインド占星術の基本的な概念(四大元素、ナヴァ・グラハ)を取り入れ、また作者のこれまでの日々のクライアントとのセッション考察と研究を反映した占いです。

宿曜経はインド占星術の主にナクシャトラの概念より派生し中国に渡りそこで独自の発展を遂げ、中国から弘法大師空海が日本にもたらしたとされています。

旧暦(月の暦)の生まれ日から本命宿という自分自身を表す要素を割り出します。日本では平安時代に貴族たちの愉しみのひとつとされ、戦国時代には戦に勝つための術として重宝されました。

現代日本において宿曜27宿の思想はその的中率の高さと特に他者との関係性考察において占いを生業とするプロフェッショナルからも信頼が篤い術ですが、占いの世界にはじめて触れる方にとっては見慣れない名称が頻出するため、難易度が高いと感じられることが多いようです。

そこで27宿のうち同質3宿を1組とし、合計9組にまで集約し幻獣や精霊の姿になぞらえて現代版にリデザインを行ったのがルナモンスター占いです。

ルナモンスター占いの”ルナ(Luna)”とは月のことですが、占星術で月が象徴するものは【ありのままの魂】であり、本能や性(さが)のようなものです。

生年月日から割り出すルナモンスターは、あなた自身の魂の個性を表す存在であり、他者との適切な距離感も示してくれます。ルナモンスターたちの世界には関係性に吉凶はなく、それぞれの個性を認め称え合い共存しています。

* 9つの親愛惑星は2021年本サイトリニューアル時より追加された新概念です。また2015年2月発売書籍『アイビー茜のルナモンスター占い』内から各ルナモンスターのキャッチ文章等に一部変更が加わっております。
生年月日を入力してください
年月日

各モンスターとの関係性

各モンスターとの関係性

ABOUT LUNA MONSTER

ルナモンスター占いとは

己の魂を発露させ、すべての魂と手を取り合う。

ルナモンスター占いは宿曜経をベースとし、西洋占星術やインド占星術の基本的な概念(四大元素、ナヴァ・グラハ)を取り入れ、また作者のこれまでの日々のクライアントとのセッション考察と研究を反映した占いです。

宿曜経はインド占星術の主にナクシャトラの概念より派生し中国に渡りそこで独自の発展を遂げ、中国から弘法大師空海が日本にもたらしたとされています。

旧暦(月の暦)の生まれ日から本命宿という自分自身を表す要素を割り出します。日本では平安時代に貴族たちの愉しみのひとつとされ、戦国時代には戦に勝つための術として重宝されました。

現代日本において宿曜27宿の思想はその的中率の高さと特に他者との関係性考察において占いを生業とするプロフェッショナルからも信頼が篤い術ですが、占いの世界にはじめて触れる方にとっては見慣れない名称が頻出するため、難易度が高いと感じられることが多いようです。

そこで27宿のうち同質3宿を1組とし、合計9組にまで集約し幻獣や精霊の姿になぞらえて現代版にリデザインを行ったのがルナモンスター占いです。

ルナモンスター占いの”ルナ(Luna)”とは月のことですが、占星術で月が象徴するものは【ありのままの魂】であり、本能や性(さが)のようなものです。

生年月日から割り出すルナモンスターは、あなた自身の魂の個性を表す存在であり、他者との適切な距離感も示してくれます。ルナモンスターたちの世界には関係性に吉凶はなく、それぞれの個性を認め称え合い共存しています。

* 9つの親愛惑星は2021年本サイトリニューアル時より追加された新概念です。また2015年2月発売書籍『アイビー茜のルナモンスター占い』内から各ルナモンスターのキャッチ文章等に一部変更が加わっております。
9体のルナモンスター

9体のルナモンスター

6種の関係性

6種の関係性

ルナモンスター同士はそれぞれの距離感によって関係性が決まります。宿曜経では相性の吉凶を明確に出しますが、ルナモンスター占いでは現代の事情も汲み、人間関係の質を読み解くためのものとして6種の関係性(クリエイティブ・フィーリング・スクラップ&ビルド・ギブ&テイク・シンクロ・ミラー)を位置づけています。また自身を中心に特定の関係性が多くなる場合、その現象から現在の状態を考察することができます。

ルナモンスター表

例:ワイバーンを中心とした時の関係性…隣同士のグリフォンとシルフとはクリエイティブの関係性。2つ隣のケンタウルスとマーメイドとはフィーリングの関係性。3つ隣のユニコーンとセイレーンとはスクラップ&ビルドの関係性。4つ隣のフェニックスとサラマンダーとはギブ&テイクの関係性。

各モンスターはさらに3つに分類される

さらに同種の中で3つに分かれます。進化のワイバーン(ワイバーン1)から見て番号違いの深慮のワイバーン(ワイバーン2)と無垢なワイバーン(ワイバーン3)とはシンクロの関係性。同種かつ同番号の進化のワイバーン(ワイバーン1)同士はミラーの関係性。

  • CREATIVE 豊穣と維持 隣同士のモンスター

    メリットを享受し、富を豊穣させ合う関係性。互いに同じ元素を持っていたり、親愛惑星のエネルギーが協力し合うため、すぐに相手の魂の世界へ入っていけます。どちらかの信念にもう一方が深く共感し、持ちうる全てのリソースを投入して、一方の願いの実現のために力を注ぐ。そして二人で太い幹となり、大木になるまで共に成長していくイメージです。しかしながら、魂が近く摩擦が少ないからこそ、出会いの衝撃が薄いことが多く、関係性のありがたみを感じられない、あるいは時間が経つにつれて関係性に胡座をかくなどして「ご縁を腐らせる」ことも起きやすいのが特徴です。この関係性の相手と関わる場合、「似た者同士だから」と油断せずに互いの間にときたま流れる小さな違和感を見逃さずに逐次対峙することが関係性持続の秘訣です。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・富や幸運が流れ込んでくる
    ・協力者が増える
    ・「根気よく続けなさい」というメッセージ

  • FEELING 友愛と調和 2つ隣のモンスター

    感性に惹かれ、癒やしをもたらし合う関係性。持っている元素は異なるものの、親愛惑星のエネルギーがぶつかり合わず、相手の魂の佇まいに対して理解と受容のしやすい関係性です。外側へのアプローチ方法は違うのですが、世界をどう捉えるか?という点に関しては一致します。この関係性が私的関係に近い位置に配置されると、己の魂を無条件で肯定されたような安心感や癒やしを得ます。ただし、実利が伴う商売や金銭の話が絡むと円滑に事が運ばないことも多く、別の種類の関係性にあたる第三者に積極的に関わってもらうなどして事態の滞りを防ぐと解決の糸口が見えてきます。同じ水の中で長く時を過ごしたとしても、分かりやすく水が濁ることが少ない関係性です。けれど水は循環し続けなければ必ず濁ります。互いの間にある水の循環を意識しましょう。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・精神的な豊かさがやってくる
    ・急がなくてもいい段階にいる
    ・「周りと調和しなさい」というメッセージ

  • SCRAP&
    BUILD
    破壊と創造 3つ隣のモンスター

    古いものを壊し、成長するきっかけを作る衝撃の関係性。この関係性は互いに持っている元素や親愛惑星のエネルギーが干渉し合います。無視できない相手となり、一方もしくは両者が相手から「影響を受けたい」という気持ちになりやすいのが特徴です。強いインパクトと絶妙なタイミングをもって、この関係がもたらされることは多いでしょう。避けては通れない位置にこの関係性が配置された場合、己の魂の研磨を余儀なくされます。激しい情熱の炎のままに...。あなたがせっかく築き上げてきた強固な土台を壊してまで、相手を欲することとして表れることも。激しい情熱の火で本当に失えないものまで焼き尽くさないように留意しておきましょう。この関係性の相手と関わると多かれ少なかれ魂の新陳代謝が行われるので、一時的に痛みを感じたとしてもその後新しいステージへと行くことができます。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・今までの当たり前が変わろうとしている
    ・変化を欲している
    ・「勇気を持って飛び込みなさい」というメッセージ

  • GIVE&
    TAKE
    好奇心と尊敬 4つ隣のモンスター

    異なる性質で好奇心で惹かれ合い、尊敬を呼ぶ関係性。己の魂から最も遠い位置にある関係性で、元素同士は基本的に補完し合います。魂の観点から見ると共通項がなく、だからこそ己にはない要素を見つけて魅力を感じます。違いすぎて逆に相手の短所部分も許せてしまうのが特徴です。この関係性の恩恵は、あなた自身が魂の個性を大いに発揮し、現実世界においても自立と自律をしている状態にあると十分に享受できます。互いの共通項がないということは、異なる強みを持ち寄って全く新しいものを生み出せるということです。己の魂が真に発露し、エネルギーを放射していれば同じ位の異質ではあるけれど強い魂を引き寄せます。その域に達するとこの関係性は強い尊敬の念で結ばれます。しかしそもそも引っ掛かりが少ない、吹き抜ける風のような関係性なので互いの目的が果たせればあっけなく離れることも多々です。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・別の可能性に挑戦したくなっている
    ・独立心が旺盛になっている
    ・「個性を発揮しなさい」というメッセージ

  • SYNCHRO 同じ課題・
    使命を授かった者
    同種で番号違いのモンスター

    因縁の関係性。同種の相手ではありますが、1・2・3と番号がある中番号違いの相手です。1は職人・研究者気質で内向傾向、2は表現者・仲介者気質で外交内向複合傾向、3は実業家・社会活動家気質で外向傾向にあります。同種なので行動原理が似る事が多く、価値観を共有できることが多々ありますが、物事へのアプローチ方法が違います。大きな視点で見た時には達成したいことは共通しますが、気質の違いから場面場面で強く反発することもあります。同じ使命を授かっているので協力すると互いに決めた時には一丸となってその使命を全うします。元素も親愛惑星も一緒になるので共に過ごすとそれぞれのエネルギーは増長を始めます。増長は必ずしも良いことばかりではありません。増えすぎた火は火災を生じますし、増えすぎた水は時に洪水を生むことからも想像できるようにこの関係性には近いからこそ適切な距離が必要です。人生の岐路でこの関係性は発生しやすく、一種の通過儀礼のような関係性でもあるでしょう。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・人生の岐路に居る
    ・自分のように他人を愛する力が試されている
    ・「依存心を克服しなさい」というメッセージ

  • MIRROR 鏡の中の
    もうひとりの己
    同種かつ同番号のモンスター

    強固な因縁の関係性。同種の相手でありなおかつ番号も同じ相手は、元素・親愛惑星・気質(番号1・2・3)に至るまで全て一致します。鏡の中のもうひとりの己を見ている気持ちになりやすく、自己受容が十分でない場合には相手のことも受容するのが難しいでしょう。この関係性はシンクロの関係性と同様に人生の岐路に出会いやすく、また魂の覚醒を大きく促す関係性でもあります。相手のありのままを肯定することはそのまま己を肯定することと同義です。

    この関係性の人物が
    周りに多くなってきた時…

    ・魂のレベルが上がる
    ・ステージが変わる
    ・「己を全肯定しなさい」というメッセージ

※ルナモンスター番号1・2・3→1は職人・研究者気質で内向傾向、2は表現者・仲介者気質で外交内向複合傾向、3は実業家・社会活動家気質で外向傾向にあります。
四大元素について

四大元素について

火・地・風・水は古代ギリシャ発祥の思想で「世界を構成する4つの要素」と考えられています。占星術におけるサイン(12星座)及び宿曜経における12宮の重要概念です。この4つの要素を探求し続けることが己の魂と世界の解明につながっています。自身の該当ルナモンスターが持っている元素以外も意識し、外側から補完し調和しようと心がけることが幸福につながっていると作者は考えています。

  • FIRE
    FIRE(火)

    古代、まだ電気も存在しなかった頃。火は闇夜を照らす存在として重宝されてきました。火のある場所には自然と人が集まってくるものです。炉の前を想像してみれば火の本質に少しばかり近づくことができるでしょう。人を安心させ、いい知れぬ高揚感を生む火の力。何が起こっても朝には必ず昇る不動の太陽も、火の力強い側面を表しています。古きを破壊し、空間を浄化すると考えられてきた火は、人類の技術革新にも関与しています。人々は祈り及び己の魂を体現する方法として、舞や音等の芸事を捧げますが、これも火の管轄の物事です。火の元素に縁の深い魂は、己の奥底から燃え上がる情熱に突き動かされてはじめてその本領を発揮します。求心力と高潔な理想がたまらなく眩しいのです。しかしながら火と火は近づくと強め合う性質を持ち、時に不要な火事を起こすことも。この元素を扱う時はその場に合わせた適量を、適切な形で扱うのが好ましいでしょう。

    【キーワード】情熱、閃き、祭事(政)、求心力、直感力、瞬発力

    サラマンダー(100%)、フェニックス(100%)、ユニコーン(25%)
  • EARTH
    EARTH(地)

    直接手に触れることが出来る物質全般を象徴すると共に、時間経過で蓄積がされていく物事...経験、伝統文化、歴史を司ります。土(地)は外側からの要因で大きく変化することがなく、安定した形として触れる事ができる元素です。あらゆる感情(水)や祈り(火)の依代として、器としての地の役割は重要度を増します。ランドマークはその場に在り続けることで人々の思い出と結びつくことからも分かるように、地の元素には「そこにそう在り続ける」というある種の任務が運命づけられます。この元素がうまく働いている時、その人は過去の履歴を背負ってきた重要な場所、組織、様式を守る責任者であるでしょう。しかし一度積み上がれば方向転換が容易にできない性質も持ち合わせており、その時々に合わせた適切な対応が難しいことも。定期的に外界の情報(風)とつながり、時に柔軟な思考を持ち合わせることで地本来の重厚さは輝きを増します。

    【キーワード】経験、資産、蓄積、物質、社会性、計画性、継続力

    ユニコーン(75%)、ケンタウルス(100%)、グリフォン(50%)
  • AIR
    AIR(風)

    風の元素は大気のことです。風は可視化出来ず、直接触れることが出来ない存在ではありますが、そこかしこにありどこまでも続いている無制限な存在でもあります。風は頬を撫でる優しい姿を見せることもあれば、時に嵐となり大きな被害をもたらすこともあります。目に見えない、触れられないものだからこそ意識がしにくい元素ではありますが、人間は思考や言葉といったツールでこの風の元素を体現しています。自由に広がりどこまでも行ける元素だからこそ、その場に楔を打つために区分けとしてひとまずの言葉や分類に落とし込みます。本来身軽でどこまでも広がりゆく風の元素ですが、地上の不自由と折り合いをつけるために後者の区分けの側面が生まれています。大量の情報をできるだけ的確に認知し、処理するためには情報の精査能力も必要です。風の元素をより味方につけるには、全体を長くそして遠巻きに見る心がけが賢明です。

    【キーワード】情報、思考、言語、無制限、客観性、公平性、俯瞰力

    グリフォン(50%)、ワイバーン(100%)、シルフ(75%)
  • WATER
    WATER(水)

    海、川、雨、湖、沼、地下水、霧など水は外部要因によってその形を変える変幻自在な元素です。熱を加えれば気体となり、冷やせば凝固して氷となります。穏やかに包み込む雰囲気があったかと思えば、その場の一切を打ち砕き無に戻すような激しさを見せることもあります。水はすべての生命の源ともいわれていますが、あらゆる可能性を分け隔てなく育み受容していく度量の大きさを象徴しています。また、水(液体)は他のものと結びつきやすい性質を持っています。混ざり合えば離れることは容易ではありません。一度深く関わり、愛を注いだ物事に対しては強い執着を見せることもあるでしょう。結びつく前は己の領域や清らかさを守るために排他的になることもあります。水の元素がポジティブに作用する時は奉仕の精神に溢れ、人を癒やすことに積極的になりますが、ネガティブな作用が働くと不要な嫉妬心や惰性を招きます。

    【キーワード】感情、変幻自在、粘着性、多面性、共感力、包容力

    シルフ(25%)、マーメイド(100%)、セイレーン(100%)
9つの親愛惑星

9つの親愛惑星

主にインド占星術のナヴァ・グラハから着想を得て9体のルナモンスターそれぞれに縁の深い惑星を対応させています。自身のルナモンスターの親愛惑星から影響を受けているのはもちろんですが、別ルナモンスター該当惑星の力を意識することで本来の自分にはない別ルナモンスターからのエネルギーを得ることも出来ます。※ラーフ(ドラゴンヘッド)とケートゥ(ドラゴンテイル)は実際には存在しない星ですが惑星として扱います。

  • 火星

    勝負や突き刺す力を象徴します。物事を発展させたり、狙ったものを積極的に奪いに行くパワフルな性質を持ちます。その鋭さが時に自身を傷つけることも。火の匙加減をマスターすれば心強く使える力に。現状打破したい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    推進・行動・閃き

    【ルナモンスター対応】
    サラマンダー

  • 太陽

    社会的な影響力を象徴します。いついかなる時も絶えず生命を照らし続ける太陽は人々の心の支えとなると共に、容赦ない日照りで乾きを生むことも。誇りを取り戻したい時や強い意志力が欲しい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    カリスマ性・意志・誇り

    【ルナモンスター対応】
    フェニックス

  • 木星

    高い精神性や志を象徴しています。全ての善悪を受け入れる寛容さと、正しきを見極める力をもたらします。善い行いと善い言葉を実践することで更にこの惑星の恩恵を受けることが出来ます。人生を大胆に発展させたい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    精神性・発展・拡大

    【ルナモンスター対応】
    ユニコーン

  • 土星

    試練や超えるべき課題を象徴します。魂の成長を促すために必要なことをもたらし、ビジョンの現実化を手伝います。厳しい環境でも途中で諦めないことの大切さを教えています。現実を切り拓く胆力が欲しい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    蓄積・維持・権力

    【ルナモンスター対応】
    ケンタウルス

  • 水星

    論理性や言語能力を象徴します。言葉をはじめ表現は人生のディレクションであり、自身を外側に伝える要素。他者とつながり、学び続けることの重要性を教えてくれます。人間関係を良好にし、取引を円滑に行いたい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    伝達・識別・取引

    【ルナモンスター対応】
    グリフォン

  • ラーフ

    自由で常識にとらわれない力を象徴します。飽くなき欲望であらゆる現世的な欲望を叶えるエネルギーを持っています。挑戦的で時に挑発的。前例のない物事に飛び込む勇気を持つ星です。根幹を覆すような変化を起こしたい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    先見性・奇想天外・自由奔放

    【ルナモンスター対応】
    ワイバーン

  • 金星

    地上で味わえる喜びごとや快楽全般を象徴します。自分に流れてきたギフトを受け取る力であり、感動を振動させてさらに外側に放射します。日々を楽しみ、美しきを愛でることの大切さを教えてくれます。芸術を極めたい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    愛嬌・贅沢・物質的豊かさ

    【ルナモンスター対応】
    シルフ

  • 月

    大衆性や人気を象徴します。最も"肉に近い"惑星であり、地球で暮らす人間の精神状態にも強く影響を与えます。絶えず満ち欠けを繰り返す月は天然の時計ともいえるでしょう。純粋な感情を取り戻したい時や、人気が欲しい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    アイドル性・多感・純粋さ

    【ルナモンスター対応】
    マーメイド

  • ケートゥ

    深め、熟成させる力を象徴します。物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを求め、目に見えない世界を旅するエネルギーを持っています。時に厭世的で独自の哲学を大切にします。自分の世界を極めたい時に意識するとサポートしてくれる惑星。

    【キーワード】
    無執着・オカルト・解脱

    【ルナモンスター対応】
    セイレーン

作者紹介

作者紹介

  • アイビー茜

    1987年1月13日生まれ。長野県長野市出身。『ルナモンスター占い』作者。
    明治大学政治経済学部、バンタンデザイン研究所グラフィックデザイン科を卒業後、2011年にプロの占い師/占星術師/星占いのライターとして活動を始める。幼少期に通っていた絵画教室にて占星術、魔術、ハーブ等に関する資料に出合い、占いの世界に興味を持ち7歳の時にタロットを手にする。
    日本に生まれながら朝鮮半島に血族のルーツを持ち、「自分は何者か?」「魂は国境を超えるのか?」という問いを持ち続けたことが現在の全ての活動の源になっている。
    鑑定や執筆に使用する主な占術は宿曜経、占星術、タロット、ルノルマン。2010年に本サイト『ルナモンスター占い』のベースにもなっている宿曜経に巡り合う。当術の深層に訴えかける宿星記述と、宿星同士の関係性の的中率に感銘を受け、宿曜27宿を9グループまで集約し幻獣や精霊から着想を得て9モンスター(サラマンダー・フェニックス・ユニコーン・ケンタウルス・グリフォン・ワイバーン・シルフ・マーメイド・セイレーン)の基本設定を始める。
    2015年に書籍『アイビー茜のルナモンスター占い』(扶桑社)を上梓。同年公式サイトをオープン。
    2021年リニューアルサイト(本サイト)では全文章、作画ディレクションおよび世界観の設計・監修を担当。

    人それぞれが己の魂に真摯に向き合い、互いに影響し合うことを歓迎することがすべての魂の癒やしにつながっていると考えている。

    古代の叡智を現代に
  • 【ルナモンスター作画担当】
    さじき まい

    1984年4月17日生まれ。東京都出身。グラフィックデザイナー/イラストレーター/コラージュ作家。
    デザイナー養成所卒業後、デザイン会社など数社を経て、2011年より独立。
    ロゴデザインをはじめ印刷物デザインからWEBデザイン、イラストレーション制作まで幅広く活動中。
    独特の色彩でコラージュ技法やレイヤーを重ねて画面構成する表現を得意としている。

    主な実績として、テレビCM ニッポンレンタカー 「ニッポンレンタカーでGO!」篇/背景アニメーションのコラージュ/TBS「音楽の日」番組タイトルロゴ(2011〜2014)/Gotch & The Good New Times 2017イベントポスターコラージュ・デザイン/扶桑社 「アイビー茜のルナモンスター占い」 装丁(背景コラージュ)/月の占い師 アイビー茜公式webサイト webトップページコラージュ(〜2021)など。

    本サイトではルナモンスター作画、Webデザイン、UIデザインを担当。
    さじきまい ポートフォリオサイト:https://un-mouton.com/

developed by小森 ひろし

Special thanks吉田 小百合

作画の”ミュシャ様式”について
〜時空間を越え愛される偉大なる芸術家、ミュシャに敬意を表して〜

2021年当サイトリニューアルの際にルナモンスターたちの作画も新しくなりましたが、作者のアイビー茜も作画者のさじきまいもファンであるチェコ出身の芸術家アルフォンス・ミュシャの様式、いわゆる”ミュシャ様式”を作画に採用いたしました。ミュシャはアール・ヌーヴォーを代表する画家であり、死没後も世界中のアーティストに時空と空間を越えて影響を与えた偉大な芸術家です。ミュシャは「自分のスタイルは後世に長く残る新たな金字塔」と信じた芸術家と言われており、ルナモンスター占いも今後時空間を越えて長く皆様に愛される占いになればと思い、偉大なるミュシャのお力をお借りいたしました。

Na počest tebe, velkého umělce.